« 釈尊(しゃくそん)って誰? | トップページ | 続・如是我聞 40 »

2008年1月18日 (金)

今日わかったこと

  
人はそれぞれ考えかたが違う。
 
私はそれが不思議でしょうがなかった。
 

何でそんなことを気にするかな?
何でそんなに怒るのかな?
何でそんな言い方をするのかな?
何でそんなことを思うのかな?
 

お釈迦様ではないけれどそんなことで振り回されては自分の身が持たない。

今日わかったこと、それは人はどこに意識があるか?ということ
 

Aさんは自分の考えよりも周りの人、影響力のある人(例えば上司)がどう思うかを気にしている。
 
Bさんは目先のことよりも先のこと、大きな目でみることを意識している。
 
Cさんは自分の考えだけが絶対だと思っている。
 
 
つまり、ものを見る判断する物差しが違うのだ。
 
近くから見るもの、少し離れてはいるが人の目から見えるもの、客観的にグローバルな目で見るもの、優しい目でみるもの、厳しい目でみるもの・・・

同じものを見ていてもその景色は全く違う。
 
みんな自分が見ている景色が正しいと思っている。
 
違うものを見ていてお互いに自分の考えをわかってもらおうとする。

そんなこと無理だ、自分の考えは人には通用しないんだ。

 
だったらどうしたらいい?
 
それは相手の見方、景色を認めてあげること
 
自分にも自分なりの景色(世界)があるように、その人にもその人の世界がある。
 

相手の世界を認め合ったときふたつの世界がひとつになる。








  

« 釈尊(しゃくそん)って誰? | トップページ | 続・如是我聞 40 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9951926

この記事へのトラックバック一覧です: 今日わかったこと:

« 釈尊(しゃくそん)って誰? | トップページ | 続・如是我聞 40 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ