« 損して徳をとる | トップページ | 意識を集中する »

2008年1月25日 (金)

続々・如是我聞 9

   

気が強く、しっかりしていることはこの世での運命開拓の鍵であると同時に、死後の世界においても魂の進歩に大いに役立つものである。





解釈


気が強いとは我が強いという意味ではない、自分の本心に忠実、素直であるということだ。
 

自分の本心とは他人とは無関係であるか?というとそうではなく、本心は宇宙の根源に繋がっている。
 

人の本心も宇宙の根源に繋がっているので、自分の本心は人の本心と同じなのだ。
 

真理は一つ、魂は一つ、心は一つなのです。

 
本心に繋がっていると心の底、奥深いところから強い信念が湧いてくる。
 

気とは神様、そしてエネルギーのことを言います。


だから気が強いとは、神様の力が強く働くことを言います。




  

« 損して徳をとる | トップページ | 意識を集中する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10068589

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・如是我聞 9:

« 損して徳をとる | トップページ | 意識を集中する »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ