« 続・如是我聞 11 | トップページ | 続・如是我聞 13 »

2008年1月 7日 (月)

続・如是我聞 12

 

自分の感情で人を叱るな。心臓をドキドキさせずに、人を叱れるようになれ。


 


解釈


 


人を叱るのが悪いことではない、人を殴ることが悪いのではない。

 
心臓がドキドキしているときは自分自身、平常心でなくなっている。

 
正しい判断、言葉を発すること、行動が取れなくなっている。

 
ここで叱らなければ、ここで一発殴らなければ後で取り返しのつかなくなることがある。

 
そんなときは相手を正気、正しい方向に導いて行かなければならない。

 
だが、それは自分の我、感情でするのではない。

 
相手の心の親、相手を守っている守護霊、守護神の協同でしなければならない。

 

相手の人をほんとうに思い遣っているならば叱る行為は心を落ち着けてすることが出来る。




  

« 続・如是我聞 11 | トップページ | 続・如是我聞 13 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9759752

この記事へのトラックバック一覧です: 続・如是我聞 12:

« 続・如是我聞 11 | トップページ | 続・如是我聞 13 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ