« 続・如是我聞 38 | トップページ | 宗教とは? »

2008年1月16日 (水)

続・如是我聞 39

  
    
霊的な人にはつねに注意をはらえ。
 


  

解釈
 



人間は肉体界だけでなく、幽界、霊界、神界とも同時に生きていると以前書いたことがある。
 
目立ちたい、人からすごいと思われたい、尊敬されたい、霊力がほしいと思っていると幽界の低級な動物霊が共鳴して憑依してくる。
 

つまりとりつかれるのだ。
 

肉体界は顕在意識の世界、幽界は潜在意識の世界で幽界で潜在的にあるものが肉体界に顕れてくる。

 
だから幽界の化け物は肉体界に起こることを予言できる。

 
それを見て、聴いた人が神さまだと思い込み挙げたてまつる。
 

霊的なものがどこから来ているのか?
 

化け物の世界からか?本当の神様な世界からか?

 
これから色んな霊的な人が街中やテレビとかに出てきます。

 
その人に騙されたり、惑わされる人もたくさん出てきます。
 

邪(よこしま)な、低級な霊が油断していると襲ってきます。

 
どうしたら惑わされないか?

 
それはつねに守護霊に感謝をして守ってもらうこと
 
そしてスッキリしない、気持ちが悪くなったら偽物だと思うこと

 
守護霊が気分を悪くさせて知らせてくれているのです。
 

でも一番いい方法は霊的な人には近づかないことです。



  
 
  

« 続・如是我聞 38 | トップページ | 宗教とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9911156

この記事へのトラックバック一覧です: 続・如是我聞 39:

« 続・如是我聞 38 | トップページ | 宗教とは? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ