« 老子の言葉に・・・・ | トップページ | 魅力のある人 »

2008年1月30日 (水)

誰かを操ろうとすると・・・

  
1.誰かを操ろうとすると、いつか必ず自分も誰かに操られることになる。人はみな自由に生きるものである。自分がつねに自由でありたいと願うならば、人の自由を尊重し、何らの束縛もしないことだ。



感想


これは解釈でなく、感想です(笑)

人に対してこうして欲しいという欲求があるとき、自分の思い通りにいかなかったらついイライラしてしまいます。
 
そしてすぐに結果が欲しくなる。
 
それは自分の自由な心も狭(せば)めているし、人の自由も窮屈にしている。
 
ある本をなんとなく開いたら私の知りたいことが載っていました。

 
ありがとうございました。


誰にとかでなく感謝の気持ちが湧いてきました。




       
日々の指針 西園寺 昌美 白光出版






 

« 老子の言葉に・・・・ | トップページ | 魅力のある人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/10149390

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かを操ろうとすると・・・:

« 老子の言葉に・・・・ | トップページ | 魅力のある人 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ