« 続・如是我聞 8 | トップページ | 続・如是我聞 10 »

2008年1月 6日 (日)

続・如是我聞 9

   

人間大きくなりたかったら、自分の責任を他に転嫁するな。




解釈


 
日常生活を送っていたら絶えず責任を負わされる場面に直面する。
 
 
仕事をしていても車を運転していても、人と話をしていても気の休まる時がないくらいだ。
 

俗世間から抜け出したくなったり、うつ病になったり、登校拒否や出社拒否になったりするのもわからないではない。

 
気持ちの優しい人ほど辛い世の中なのかもしれない。
 

だが、どんなに辛く、苦しかったとしても人に責任を転嫁してしまったら、それをしてしまったら後からもっと辛く、苦しい気持ちになる。

 
心が晴れなくて、最後は自分を責めてしまうことになる。
 

人の心はそういう風にできているのだ。

 
責任を転嫁せず、素直に認めたら、心がスーとして、心が大きくなっていくことがわかる。







  

« 続・如是我聞 8 | トップページ | 続・如是我聞 10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9744986

この記事へのトラックバック一覧です: 続・如是我聞 9:

« 続・如是我聞 8 | トップページ | 続・如是我聞 10 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ