« 我がことのように・・・ | トップページ | 人を好きになること »

2007年12月 9日 (日)

審神(さにわ)

 
これから次元上昇していく過程で審神(さにわ)が大切になってくる。
 
霊的な人がたくさん出てくる。
  
審神とは読んで字のごとく神を審判すること・・・
  
つまり本物、神から、宇宙の根源から来たものであるかどうかを見分ける力量をいう。
 
未来の出来事などは低い意識の人でも幽界に波長を合わせれば知ることが出来る。
 
人から賞賛されたい、すごいと思われたい、目立ちたい、尊敬されたい、等の自我の意識が強い人は幽界の不良霊(いたずら好き)のかっこうの餌食となる。
 
だから霊的であるからと言ってその人を信じてはならない。
 
法外なお金を取ったり、脅したりするのは本物ではない。
 
審神(さにわ)が出来るようになるには方法は一つしかない。
 
自分の意識を高めて低い波長に合わさないようにすること
 
自分が本物にならなければ偽物を見分けることはできない。
 
テレビに出てくる霊的な人たちは幽界の魔物がその人にとり憑いて面白がっているのがほとんどである。
 
 
霊的なことと、その人の人格は関係ない。






   

 

« 我がことのように・・・ | トップページ | 人を好きになること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9323386

この記事へのトラックバック一覧です: 審神(さにわ):

« 我がことのように・・・ | トップページ | 人を好きになること »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ