« 如是我聞 6 | トップページ | 如是我聞 8 »

2007年12月30日 (日)

如是我聞 7

 
 
人の話は親身になって聞いてあげなさい。

 
 

解釈
 

これも耳の痛い言葉であり、自分のなかに余裕がないと親身どころかせっかちになって話半ばで話の大筋をつかもうとしたり、わかったつもりになってしまう。
 
話をきちんと最後まで聞くには忍耐力と愛がいる。
 
愛は忍耐だというが本当にその通りだと思う。

本物のカウンセラーとは答えやアドバイスを言ってあげる人ではなく、話を聴ける人だそうだ。
 
言葉が省力されたりスピードが求められている現代だが、心から人の話を聴ける・・・そんな自分でありたいと思う。


   
 

« 如是我聞 6 | トップページ | 如是我聞 8 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9632268

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 7:

« 如是我聞 6 | トップページ | 如是我聞 8 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ