« 如是我聞 9 | トップページ | 如是我聞 11 »

2007年12月31日 (月)

如是我聞 10

  

思いやり深く柔和で、暖かな人であって下さい。
 
相手の心を痛めず傷つけない人であって下さい。
  
その人の前に座れば、何も云わなくても、暖かく明るくなるようなそんな人に。
 
たとえ自分に不利なことをしようとしたり、自分を傷つけ殺そうとするような人の心さえも、傷つけ痛めてはいけません。
 
何故なら自も他も一体なのだから。





解釈


この文章は最後の 何故なら自も他も一体なのだから。 にすべてが入っている。
 
時代が変わる、次元上昇するとは、実は一体となる、一つになることなのです。
 
宇宙の進化とは集合と離反を繰り返している。
 
一つになったりバラバラに別れたりする、人の心も元は一つのものから分かれたのです。
 
だからあなたも私もない。
 
太陽のような一つの光がたくさんに分かれた光を放っている。
 
その分かれた光が個人個人になって見えているだけなのです。 
 
人と人同士で気持ちが一つになると大きな喜びとなるのは元に戻って魂が喜ぶからなのです。


 

余談ですが男女の別れ、人や色んなことからの別れも実は自分が進化、成長するためにあったのです。
 
だから、別れは辛く、悲しいものではないのです。





 





 










« 如是我聞 9 | トップページ | 如是我聞 11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9642760

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 10:

« 如是我聞 9 | トップページ | 如是我聞 11 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ