« 如是我聞 24 | トップページ | 如是我聞 26 »

2007年12月31日 (月)

如是我聞 25

 

あまり人のことに気をつかい過ぎて、自分が疲れてしまう人がいるが、そういう人には図太い神経というのが必要だね。人がどう思おうと、どう云おうと、そういうことは一切気にしないことだ。気がやさしい人はそれくらいで丁度いいのですよ。
 


 
解釈

 
いつも疲れて気が休まる暇もない人というのはたぶんこのような人だと思う。
 
という私もそうだった。
 
自分の気持ちを大切にして自分の本心を大事にすることは、人のことを思い遣っていないことではない。
 
 
人はあなたが想うほどあなたのことを考えていないし、想ってもいない。
 

そして、自分では気づいていないだろうけど、自分が疲れる、気にし過ぎるというのは人も疲れさせ、気を重たくさせている。

 
そういう意味では、もっと自分本位でいい。


自分を大切にしないと人も大切に出来ない。







   




  

« 如是我聞 24 | トップページ | 如是我聞 26 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9648602

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 25:

« 如是我聞 24 | トップページ | 如是我聞 26 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ