« 如是我聞 18 | トップページ | 如是我聞 20 »

2007年12月31日 (月)

如是我聞 19

 

苦しみが多ければ多いほど、深ければ深いほど、のちにくる喜びも多くまた深い。
 

 
解釈

 

人は 「何事もないのが一番、平凡なのが幸せ」 と云っているが、あまりに何も無さ過ぎると 「何か起こらないかなぁ」 と勝手なことを思ってしまうものです。
 
 
同じ経験をしていてもある人にとってはたいしたことでもないのに、違う人には苦しい耐え難い経験になるのかもしれない。
  
 
そして、耐え難い経験をした人はそのことに免疫がついて心が強くなっていく。
 
 
決して、無駄な経験はない。

 
心が強くなると少々のことでは苦しまなくなる、動揺しなくなる。

 
人の幸せは平常心になることなので、強くなればなるほど喜びになっていく。

 
苦しみの多さは喜びに比例する。

 
自分や家族、人の苦しみを嘆き悲しむことは違う、ということがわかる。






  

« 如是我聞 18 | トップページ | 如是我聞 20 »

コメント

いつもお世話になっています。また来ました。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9647315

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 19:

« 如是我聞 18 | トップページ | 如是我聞 20 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ