« 時間をかければかけるほど・・・ | トップページ | この世における・・・ »

2007年12月 7日 (金)

総合力

 
人に対して腹を立てているときはある一部だけを見て、そこだけに固執してことが多い。
  
普段は真面目でこつこつ一生懸命やっているのに、たった一つのミスをしたり、欠点があったりするとその人の人格を全て否定してしまうことがある。 
  
例えば、タバコが大嫌いな人は、吸っている人を許せない。(私がそうでした)  
  
吸う人は自分の感情をコントロール出来ない人、そして人に気配りの出来ないダメな人と烙印を押す。
  
 
子どもに対しても勉強が出来なかったらダメな子と決め付ける。 
  
 
人間は無くて七癖と言ってどんな人でも至らないところや欠点は必ずある。
  
 
総合力でみれば能力の差はほとんどない。 
 
 
よいところだけを観てそこを褒めていくと悪いところは小さくなって、そして消えていくという。
 
 
プラスのエネルギーは無限。 
 
 
マイナスのエネルギーは有限なので、プラスがマイナスを包み込んでしまうからだろう。
  
 
学校の成績が1や2ばかりの子どもが 
「成績が悪くてゴメンね」 と謝ったら、育ててくれているおばあさんが 「大丈夫、大丈夫、全部足したら5になる」 と笑い飛ばしたという。 
  

何か心が温かくなる話ですよね。



 
 
 

« 時間をかければかけるほど・・・ | トップページ | この世における・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9291620

この記事へのトラックバック一覧です: 総合力:

« 時間をかければかけるほど・・・ | トップページ | この世における・・・ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ