« 肉体人間の一生は・・・ | トップページ | 守護霊 »

2007年11月 4日 (日)

若返り法

  
赤ちゃんとお年寄りの身体の違いは何か?
  
それは身体が柔らかいか硬いかの差である。
 
人間は年をとればとるほど硬くなっていく、そして身体と同じく血管も脆く錆付いたようになっていく。
 
ゴムホースを外に放って野ざらしにしていると硬く干からびていき、曲げようとするとひびが割れたようになる。
 
硬くなるということは緊張して固まっている状態であり、脆くちょっとした刺激にも対応できない壊れやすい姿になっている。
 
野球の選手が身体を鍛え過ぎて筋肉が硬くなり過ぎて鋳物のように脆く壊れやすくなってしまったのと同じでケガに弱くなっている。
 
イチローがケガに強いのは身体が柔軟で、普通だったら骨折するような衝撃にも弾力性があるお陰で事なきを得ている。
 
健康を保ち若返りたかったら今よりも身体を柔らかくしていけば良い。
 
現在(いま)ヨガが流行っているのも身体を柔軟にすることにより精神にも柔軟性を持たせる、余裕を持たらせたいという願望が潜在的に含まれている。
 
肉体と精神は連動している。
 
ただ、精神が柔軟になったからといって、身体が柔らかくなることはない。
 
だが身体を柔らかくすれば精神は柔軟になる。
 
いたずらに身体をいじめて硬くするのではなく、ストレッチやヨガのような動きを取り入れていくといい。
 
 
家で簡単で出来る柔軟法の本がある。
 
 
楽しく学べて生活にも役立つので是非、読んでみてください。
  

 

  
古武術で毎日がラクラク! 荻野アンナ 祥伝社




  






   

 
 

« 肉体人間の一生は・・・ | トップページ | 守護霊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8752490

この記事へのトラックバック一覧です: 若返り法:

« 肉体人間の一生は・・・ | トップページ | 守護霊 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ