« 老子のいう無為になすとは・・・1 | トップページ | 守護霊の声 »

2007年11月17日 (土)

老子のいう無為をなすとは・・・2

 
無為を為し、空になり、全托の境地になりますと、肉体頭脳と奥深い大宇宙の根源の心、つまり宇宙のみ心が一つにすっきりとつながりまして、宇宙の智慧や能力が、そのまま肉体頭脳の智慧能力となってまいりまして、超越的な力を発揮してくるのです。
 
聖人とか達人とかいう人たちは、皆こうした超越能力をもっていたのであります。
 
それ程にならぬとも、人間が真剣に物事にぶつかった時には、瞬間的に想念が統一して、日頃は出もしない力がでてきたり、超越した能力がでたりしてくるのです。
 
これも無為や空の境地に瞬間だけでもなったことになります。
 
地球人間がいつまでも宇宙の法則に乗らずにいたら、いつかは滅び去ってしまいます。
 
ですから、出来るも出来ぬもない、絶対に宇宙法則に乗らねばならぬ時がくるのです。
 
その為に古来から各聖者が肉体頭脳の小智才覚に溺れずに、奥深い神のみ心に波長を合わせろと説きつづけていたのであります。



         
                      おしまい






 







  

« 老子のいう無為になすとは・・・1 | トップページ | 守護霊の声 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8968981

この記事へのトラックバック一覧です: 老子のいう無為をなすとは・・・2:

« 老子のいう無為になすとは・・・1 | トップページ | 守護霊の声 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ