« 死んだ人は生きている。 | トップページ | 気とは?(以前書いたブログより) »

2007年11月14日 (水)

神様、仏様、稲尾様

 
神様や仏様を生きている人に使うのはどうなのかは別にして、過去に野球において一世を風びした稲尾さんが亡くなった。
 
私は野球が大好きだったので稲尾さんの死は感慨深い。
 
今日、スポーツ紙を読んでいて面白い記事を見つけた。
 
それは日本一を決めるシリーズにおいて長島茂雄と対戦したとき(稲尾はピッチャー)
稲尾は絶対に打たれるはずがない自信を持って投げた球を信じられないホーム(形)で打たれた。
 
その時、稲尾は思った。
 

「長島は何も考えていない」・・・と
 

頭で考えている人間は、考えていない、つまり無、空になった人間には絶対にかなわない。
 
直感的に悟った稲尾は自分も無になるべく、ノーサインでボールを投げた。
 
こうして、その後の対戦を勝つことが出来た。
 
これは普通の人では理解できないかもしれない。

 
勝負の面白さ、深さはこんなことに現れる。


そして、その深さが人々の感動を呼ぶ。








 







   

« 死んだ人は生きている。 | トップページ | 気とは?(以前書いたブログより) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8917218

この記事へのトラックバック一覧です: 神様、仏様、稲尾様:

« 死んだ人は生きている。 | トップページ | 気とは?(以前書いたブログより) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ