« 守護霊 | トップページ | 写し世 »

2007年11月11日 (日)

時代が求めている。

 
テレビも映画もそうだけど今一番世の中で伝えたいことは何らかの形で人々に伝えられるようになっている。
  
私たちは自分の目に見えるものだけが存在していると思っているが、目に見えるものは1%もなくてあとはみえないもので出来ている。
 
そして見えるものはみえないものから出来ている。
 
肉体は細胞からできているが、細胞は分子→原子→素粒子→波動
 
つまり最後は波動、目にみえない波があるだけだ。
 
肉体だけでなく全てのものはこの波動でできている。
  
こころは肉体に付随しているもので肉体が滅びる(つまり死ぬ)と心も無くなるとほとんどの人は思っているが、心に肉体が宿っているのであって、肉体に心が宿っているのではない。
  
最近、こんな歌をよく耳にする。(題名は忘れたが)
 
私が死んでもお墓には私はいない。
  
風になって自由に飛び回っています。
 
だから必要以上に悲しまないでくださいって内容だったと思う。
  
人の最大の恐怖は死ぬこと。
 
死が恐怖でなくなったら人の苦しみは無くなる。






   

« 守護霊 | トップページ | 写し世 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8864455

この記事へのトラックバック一覧です: 時代が求めている。:

« 守護霊 | トップページ | 写し世 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ