« 我に帰る | トップページ | 去年書いたブログより・・・ »

2007年11月12日 (月)

本当の善いこと

 
肉体人間にとっての善いこととはお金が入った、異性にモテた、いい大学、会社に入れた、子供が生まれた、家を買った、等目に見える現象的なことだと思う。
 
だが、人間は何回も輪廻転生していて前世で男も女も金持ちも貧乏も病気も人殺しも国王も乞食もあらゆることを経験している。
 
だから今、どんな状況であったとしてもその一部にしか過ぎないので取るに足ることではない。
 
一喜一憂するのではなく人間にとって何が一番大切か?本当の幸せとは何か?
人として基盤となるものは何か?をつかまないことにはただ何となくの惰性の生活を送ることになる。
 
 
人は肉体人間が本体ではない。
 
肉体を剥ぎ取った目にみえない魂、心が本当の自分である。
 
だから人間の本当の幸せとは心の浄化、浄っていくことに尽きる。
 
肉体を纏って身に付いてしまった心の汚れを綺麗に拭い去っていくこと。
 
それをし続けることが永遠の生命にとって一番大切なことだと云える。
 
肉体や目に見えるものは虚像なのでいつかは儚く消えていく。
 
永遠に生き続ける生命を磨くことを一番に考えよう。
 
そうすれば目に見える3次元は時期をみて自然と整ってくる。







  

« 我に帰る | トップページ | 去年書いたブログより・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8886793

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の善いこと:

« 我に帰る | トップページ | 去年書いたブログより・・・ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ