« 相手を怒らせること | トップページ | 縦書きと横書き(以前書いたブログより) »

2007年11月23日 (金)

守護霊の声

 
私は常にあなたに真理を語りつづけている。
 
あなたの心が全智全能の創造主と同じような強い力を握っているのだということを。
 
あなたは自分の心で、自分自身を幸せにも不幸せにもすることが出来るのだということを。
 
自分自身を、傷つけ暗く悲しいものだと思ったら、その通りの人生が展開されてゆくであろうということを。

そして自分自身を神の分け生命として認め、明るく大いなる希望をもってゆくならば、またその通りの人生が展開されてゆくであろうということを。
 
心はすべてのすべてである。
 
なぜならば、心は自分自身の運命の支配者であるからだ。


 
 
解説
 


W先生のレッスンを受けているとき、質問をされたことに対し頭で考えて答えを言うと
「今、どこで考えていましたか?」 と問われていた。

人間の本体は肉体や頭にあらず、心に在る。
 
ほとんどの人は心は肉体のなかにあって、肉体の消滅(死)をもって心も無くなると思っている。
 
実は、心が主で肉体が従なのだ。
 
従の肉体が無くなっても主である心が無くなることはない。
 
目にみえる世界は心のなかに描いた、イメージしたことを写し出す。
 
心はすべてのものを創り出す。
 
あなた自身は心そのものなのだ。
 
そして心は創造主の神そのものである。
 
心で考え、心で感じ、心から言葉を発するとそれは純粋な神そのものとなる。
 
どんな状況にあっても自分は神の分け生命であることを認めたならば、思い通りの運命を切り開いていくことが出来る。
 
 
進化していくとは、そのことが心でわかるようになることを言う。



  

 

« 相手を怒らせること | トップページ | 縦書きと横書き(以前書いたブログより) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/9067066

この記事へのトラックバック一覧です: 守護霊の声:

« 相手を怒らせること | トップページ | 縦書きと横書き(以前書いたブログより) »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ