« 守護霊の働き | トップページ | 我に帰る »

2007年11月12日 (月)

守護霊の声

  
あなたの内部の奥にじっとひそんで隠されている部分、秘密、嘘、葛藤、情欲・・・・それらのすべてを私は知っている。
私の前には何の隠しだても無用である。
ただ裸になることだ。
私にとっては肉体人間の弱さなどは百も承知の上だ。
だからこそ私というものが必要なのだ。
私の支えを必要とするのだ。
朝な夕なに私の名を呼びなさい。





解説

自分はピュアだなぁと好きになれる部分と何て情けない、不純なことを考えているんだろうと自分を責める部分がある。

私の頭の中はいったいどうなっているのか?一度心の中を覗いてみたいような・・・
 
実は自分の考え、思っていることのほとんどは人(他人)の思っていることが入って来て自分の想いだと思っている。
 
話がややこしいが例えば、ネガティブな人がたくさんいる中に自分が入っていくと気が重くなる。
 
逆に明るいポジティブな人の集まりだと気が軽くなる。
 
これは人が出している波動(オーラでもいい)によって影響を受けていることを意味している。
 
だから、頭で思っていることは本当の自分ではないと判断した方がいい。
 
上記の奥にひそんでいる、隠されているという部分も過去に想ったことが記録されている。(潜在意識)
 
ひそんでいる部分とは想いの世界、つまり幽界だ。
 
今の世の中の状態は肉体界ではなく幽界だといわれている。
 
幽界の先、奥は清まっている霊界、神界へと続いている。
 
感じる世界の肉体界、その先の幽界よりももっと奥の霊界、神界そこまでいくと本当の自分がいる。
 
守護霊と繋がるといつの間にかそこに行っていることに気づく。







  

« 守護霊の働き | トップページ | 我に帰る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/8885941

この記事へのトラックバック一覧です: 守護霊の声:

« 守護霊の働き | トップページ | 我に帰る »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ