« 生と死 | トップページ | 大切なのは、土台を調える事 »

2007年9月11日 (火)

時空を超えて

  
32年ぶりに友人と再会した時、意識は完全に32年前に戻っていた。
  
肉体は32年を経た身体になっているけど、精神は経っていない。
 
そして、またこれから32年経ったとしてもやはり意識は変わらない。
  
つまり、過去、現在、未来という時間は存在しないことになる。
  
ただ、肉体は18年+32年+32年=82年
  
82歳の肉体になるかと云えば、これからはそうはならない。
  
時間は存在しない、過去、現在、未来はすべて一緒に在る。
  
それがわかった時点で肉体の時間の経過(つまり老化)が止まる。
 
肉体が老化することがなくなる。
  
自分の好きな年齢になれるそうだ。
  
その夢のようなことが起こる。
  
2012年、あと5年でそれが始まる。





  

« 生と死 | トップページ | 大切なのは、土台を調える事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7900232

この記事へのトラックバック一覧です: 時空を超えて:

« 生と死 | トップページ | 大切なのは、土台を調える事 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ