« 無であり空であること | トップページ | 愛(合い) »

2007年9月 1日 (土)

ある実験

 
  
ある科学者が実験をしました。平静な人、笑っている人の息を凍らせ、その息を液体にしてモルモットに注射しても何ともなかったが、怒っている人の息を凍らせ、その息を注射すると即死してしまったとのことです。
 
怒っている人の息は毒を含むとのことでした。

さわやかな息を吐いている人が繁盛店をつくり、毒を含んでいる息を吐く人が不採算店をつくるということがわかりました。

お客さまは、敏感に空気の良し悪しを察せられるのでしょう。

当然、毒を含んだ空気を吸えば、もう一度その場所へ行こうとはだれも思わないでしょう。



  

この文章は私が今読んでいる本から一部抜粋したものです。

目にみえないエネルギーのことがわかり易く書かれています。

自分の発しているエネルギーに責任を持つこと、とても大切なことだと思います。




  
思いをカタチに変えよ! 渡辺 美樹 PHP研究所






       
     

« 無であり空であること | トップページ | 愛(合い) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7764505

この記事へのトラックバック一覧です: ある実験:

« 無であり空であること | トップページ | 愛(合い) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ