« テレパシー | トップページ | ダイヤモンド »

2007年8月 8日 (水)

取り越し苦労

  
取り越し苦労ほど無駄なエネルギーの使い方はない。
   
心配のし過ぎが取り越し苦労につながっていく。
   
ものごとを悪い方悪い方に考えていくと想いはエネルギーなので実現されるようになっていく。
   
海外へ旅行に行った子供たちが親の心配のし過ぎで体調を崩して、つまらない旅になってしまったと聴いたことがある。
   
付き添った人がエネルギーのわかる人だったので、それはもう大変だったそうだ。
   
親の心配するマイナスのエネルギーはすさまじかったらしい。
   
エネルギーは目にみえないので過度の心配が体調と関係があるだなんて思いもしないだろう。

それも親自身の体調だけでなく子供に影響しているとは・・・
  
心配するのは親の愛情、当たり前だと思っている。
  

心配とは心を配る、つまり思いやりという意味でマイナスのエネルギーをばら撒くことではない。

人はもっと、目にみえないもの、目にみえない力に意識を向けて、自覚を待っていかなければならない。


マイナスのエネルギーは自分、家族だけでなく、あらゆる人たちにも影響している。

心配だ、心配だの言霊(ことだま)をだいじょうぶ、だいじょうぶに変えよう。




    

« テレパシー | トップページ | ダイヤモンド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7460854

この記事へのトラックバック一覧です: 取り越し苦労:

« テレパシー | トップページ | ダイヤモンド »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ