« 審判 | トップページ | ひとはみな「もっとお金があれば、・・ »

2007年8月15日 (水)

心が通じるとき・・・

    
「あなたが変わらないと人は変わりませんよ」
 と若山先生に言われたことがある。
  
自分で何かを変えようとするのではなく、自分の信じたことを一生懸命にやっていれば結果は知らない間についてくる。
  
自分の気持ちがピュア(純粋)で透明感があればあるほど相手の心に響いて伝わっていく。
  
そして、心と心の交流(目にみえない)があって、そこから物質(目に見えるもの)が動き始める。だから物が良い、優れているとかが問題ではない。
  
物質的には優れたよいものが巷(ちまた)には溢れかえっている。
  
良い物ができれば、今度はもっと良い物ができている。
  
でも良い物がそのまま素晴らしいものとはいえない。
  
素晴らしいものとは素晴らしい人から受け取った、受け継いだものでなければ素晴らしいものではない。
  
素晴らしい人とは自分の中に私利私欲がない、儲けようとか稼ごうとか自分の意思がまったくない純粋な心の人のことを言う。
  
だったら今までそうでなくてもなぜ、物が動いてきたか?お金が動いてきたか?
  
それは欲と欲が共鳴していたにすぎない。
   
つまり、にせものの時代だったからだ。
  
その時代に生きてきた人はいままで通りのやり方で売れなくなっている。
  
そして、通用しなくなっていることに戸惑いを感じ始めている。
   
これから本物の本当の時代が始まる。
  
本物の人が活躍する時代だ。

  

素晴らしいとは素(もと)が晴れていると書く、雲の上はいつも晴れている。

素晴らしい人とはスッキリと心が晴れている人のことをいう。




 宇宙が味方する経営  伊藤 忠彦 講談社インターナショナル










    

« 審判 | トップページ | ひとはみな「もっとお金があれば、・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7544405

この記事へのトラックバック一覧です: 心が通じるとき・・・:

« 審判 | トップページ | ひとはみな「もっとお金があれば、・・ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ