« 渋滞 | トップページ | 感の鋭い人 »

2007年8月11日 (土)

何をしてもいい

  
今自分のなかでいけない、やめておこうとしていることをすべて肯定されて 
 
「何をしてもいいのですよ、あなたのしようとしていることはよいことなのですよ」 といわれたらどんなにか幸せを感じるだろうと思う。
   
人は自己限定して100の力のうち2~3しか出していないという。
   
これは自分が生まれて、物心がつき始めてこの年になるまでこれをやってはいけないとかこうでなければならない、といい続けられてブレーキばかりを掛けてきたからだ。
   
どんなに周りに非難されてもアクセルを踏み続けていることもあるが、自分に自信のないことは、人が見てる、バチが当たるかも知れない、常識はどうなんだろう、人はどう思うだろう・・・ですぐにブレーキを踏むくせが付いている。
   
透明人間になったらどこへでも行けて好きなことが出来る。
  
でも、人はいざ何でも自由に好きなことをしてもいいよと言われてもたいしたことはしないと思う。
   
するとなったら冷静になって客観視できる
。(してない時はやりたいという感情が勝っている)
   
やろうとしたら案外面倒くさくなったりしてやーめたになる。

結局3つのうち一つでも出来れば満足するだろう。
 
     
なんでも出来るんだ、自由なんだという満足感がそうさせるのだろうか?
   
でも好きなことをすればいいと言ってくださったう先生のお言葉は本当にうれしかった。





   



   



      

« 渋滞 | トップページ | 感の鋭い人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7493031

この記事へのトラックバック一覧です: 何をしてもいい:

« 渋滞 | トップページ | 感の鋭い人 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ