« 感の鋭い人 | トップページ | 女心と秋の空 »

2007年8月12日 (日)

縁の深い人

  
以前書いたブログで袖すりあうもたしょうの縁のたしょうは多少ではなく、他生、つまり前世のことである。

人は何千回、何万回と輪廻転生(りんねてんしょう)してきているので前世で出会った人の数は半端ではなく多い、だから街ですれ違ったり、電車の中で居合わせた人とも縁があるのですよ、知り合いだったのですよ。という意味のことを書いた。
  
確かに初めて会った人とすぐに打ち解けて 
「あなたとは初対面とは思えません」 とか「以前どこかでお目にかかりませんでしたか?」 と会話するのはよくあることだ。
   
当然縁の深い、浅いがあって、何万回の生まれ変わったうちの100回出会っている人もいれば、数回の人もいる。
   
憎き仇(かたき)同士で殺し合いをしていた人もいれば、親子、夫婦関係だった人もいる。
   

今、出会っている人は前世で必ず関係のあった人たちだ。
  

そのなかでも今、よく逢っている人、家族、友達は前世で関係を清算できていない人たちで、今回解決するために、すぐ側にいたりすぐに会えるようになっている。
    
それから、ある人のことが気になってしょうがない、脳裏から離れない人がいる場合も早期になんらかの解決が必要なのだと思う。
      
縁の浅い人、深い人を含め縁のある人は大切にしていかなければならないですよね



清算するとはわかり合えて許し合えること

前世で仇(かたき)だった人はあなたを目の仇にするが、あなたが仕返しをしなくて許すことができれば清算することができる。

前世で自分が相手にしたことは今生で必ず返ってくる。






   

    

« 感の鋭い人 | トップページ | 女心と秋の空 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7505385

この記事へのトラックバック一覧です: 縁の深い人:

« 感の鋭い人 | トップページ | 女心と秋の空 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ