« 男と女の違い | トップページ | 許してあげよう »

2007年8月22日 (水)

精神的なことと肉体的なこと

  
精神的なこととは目にみえない心のことを云い、肉体的なこととは目に見える物質的なものことを云う。
 
今、このバランスを取るのが非常に難しい。
  
例えば病気になるときは精神的なストレスが原因になることが多い。
  
だが、お酒の飲みすぎ、たばこの吸いすぎ、食べ過ぎて身体に負担をかけたりするのも病気の原因となる。

ストレスは溜まるといい、水溜りのようになって気(エネルギー)が動かなくなる。
 
気持ちが滅入った状態だ。
   
お酒の飲み過ぎは神経をマヒさせて内臓の動きを鈍らせ、たばこは血管を収縮させて血の流れを悪くする。食べ過ぎは胃から腸への食べ物の流れを遅くさせる。
  
つまりどちらもスムーズに流れていくべきものを鈍らせたり、ストップさせているのだ。
  
健康、健全な状態とはこの両方が順調に流れていることをいう。
   
物質的な流れは自制心があればなんとかなるが精神的なものはそうはいかない。
   
人それぞれ、心の状態は違うし同じことがあっても、ストレスを感じる人もいればいない人もいる。

精神的なことは人では治せない。
   

本当のカウンセリングとは、相手の話を親身になって聴いて、自分の口=中から答えを引き出させることなのだそうだ。

カウンセラーがアドバイスしたり提案するのではない。
   
自分のなかから出てきた答えでないと本物ではない。
   
自分のなかから答えが出せるようになり、肉体のメンテナンスができるようになって初めて
健全な健康体となれる。


宇宙人はバランスが取れている。

人(お医者さん)は病気を治せない。

任せたから大丈夫だという気持ちが一時的に治ったように見えているだけだ。

自分のなかの無限の力を信じて治ったものでないと又、同じことを繰り返す。

病気を造ったのも自分、治したのも自分。

あなたが自分で治したんですよ。あなたの中に治す素晴らしい力があるのですよ。と教えてあげられるのが本当の医者であり、カウンセラー、だからそのことがわかったら医者もカウンセラーもいらなくなる。 





   

 
   

  

« 男と女の違い | トップページ | 許してあげよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7632755

この記事へのトラックバック一覧です: 精神的なことと肉体的なこと:

« 男と女の違い | トップページ | 許してあげよう »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ