« アカシックレコード | トップページ | いらん神経を使う »

2007年8月13日 (月)

そんなもんじゃない

  
昨日のブログで親子の情愛に感動して泣いてしまったことを書いたが、その時の出演者で、会社が不況でうまくいかなくなり、自暴自棄になった時に飲み屋のママに癒してもらい深い仲になって夢中になってしまった。
  
その後、会社も倒産して妻と別れようとしたが応じてくれなかった。
  
飲み屋のママは突然いなくなった。どうしても忘れられない、もう一度逢って、今度は自分が助けてあげたい。とよくわからない依頼でゲストの審判を仰いだ。
  
当然非難ごうごうで
、「妻子に申し訳ないと思わないのか」 とか 「いなくなった女性はあなたを頼りになんかしない」 とかクソみそに言われていた。判決は逢うべきでないと出た。
  
前回書いた爽やかな若者と比べるとかなり身勝手で感動するものではなかったけれど、人間の心理状態とはそんなもんだなと思った。
  
理屈や頭ではわかっていても逢いたい気持ちや肌の温もりを求める気持ちは抑えることが難しい。
  
人間は精神的なものだけでなく肉体的なものとの両方でバランスを取っている。
  
精神的なものだけで乗り越えていくのには悟りがいる。
  
達観しないと乗り越えられない。
  
だから身勝手なのも我ままなのもしょうがないように思う。
  
人は本心が出ているときは素晴らしいのに、本心が隠れてしまっているときは動物のような欲望が強く出てしまう。
  
ゲストの人たちはその人のことをボロクソに言ってたけど、五十歩百歩たいして人間なんて変わらないのになあと思った。
  

表面だけに現れている人間はどうしようもないおバカさん。

人間はすぐ他人を批判したがるが、自分もたいして変わらない。
  
だから、簡単に人を批判するものではない。

奥の光輝いている自分に意識を合わせると本来の自分が現れてくる。








   

« アカシックレコード | トップページ | いらん神経を使う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7524656

この記事へのトラックバック一覧です: そんなもんじゃない:

« アカシックレコード | トップページ | いらん神経を使う »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ