« もったいない | トップページ | 考えない努力 »

2007年8月 6日 (月)

儲けること

   
昔、ボーリングが流行っていつもボーリング場は2、3時間の待ち時間があった。
   
ちょーどその頃、人気絶頂の時に近くに大きなボーリング場ができた。
   
最初の頃はいっぱいだったが、しばらくすると閑古鳥が鳴き始めた。
    
つまり、その頃が最高時で後は下火になる一方だったのだ。
    
流行りものはいつまでも持続することはなく、時の経過と共に消えていく。
   
今、何かをして儲けた人はもう終わったと気づいていて、次にやることを始めている。
   
だから、今から儲けようとしている人は雀の涙、もしくは投資した分損をする。
   
しかし、最後の残りかすまで搾り取ろうとしている人は 
「これからですよ」 と言う。
  
流行りもある人が仕掛けている。
    
儲け話も仕掛ける人がいる。
  
そしてまんまと騙される人がいる。

儲けることは悪いことではないが儲けるとはそういうことだ。
   


儲けるとはお金の奪い合いだ。
  
儲けるとは信じる者と書く、信じる前によく観察しよう。
   
儲けるよりも人から喜んであなたに差し上げますと言われることをしよう。
    
本当の儲け話は人には回ってこない。





      

« もったいない | トップページ | 考えない努力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7435174

この記事へのトラックバック一覧です: 儲けること:

« もったいない | トップページ | 考えない努力 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ