« 息子 | トップページ | 何も考えていない »

2007年7月25日 (水)

徹底すること

   
金銭欲、性欲、独占欲を無くそうとしたらその道を徹底して極めてみるのもいいそうだ。
   
お釈迦様は生まれた時はインドのある国の王子で最初からこの3つの欲は満たされていた。
   
結婚もしていて子どももいた、おめかけさんはいくらでも持てたし何不自由なく暮らしていた。
   
ある祝賀会の後、お城のなかは食べ散らかした食べ物が散乱し、着飾った美しい女たちは酔ってあらわもない姿で爆睡していた。
  
華やかなことがあった後はみにくい姿が残る。
   
王子はなんともむなしい気持ちになった。
   
そして、王子は永遠のもの、悟りを求めて、将来の王様の座を捨てて城を出る。
  
欲のむなしさ、欲の馬鹿らしさを痛感したからだ。
    
一般の私たちは中途半端で欲を捨て切れない、欲に未練が残っている。
   
だから徹底して欲を追及してみる方が欲を早く捨てることが出来る。

欲があるかぎり人間は苦しみ続ける。

だが、無くそうと思っても簡単に無くせるものではない

      
ある悟りを開いた人は善なら善、悪なら悪に徹底しなさいと言っている。
   
危険な考えかもしれないが、そこから得られることはきっと素晴らしいことなのだろう。
   
人には誰でも悪ものになりたい(何でもやってみたい)という願望がある。







                

« 息子 | トップページ | 何も考えていない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7274182

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底すること:

« 息子 | トップページ | 何も考えていない »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ