« 徹底すること | トップページ | 愛 »

2007年7月27日 (金)

何も考えていない

    
人と人とのすれ違いの原因はお互いが考えていることの相違にある。
   
怒るときによく 
「いったい何を考えているんだ、あなたの考えていることは理解できない」 という。
   
だが、言われた本人はそれが間違っている、おかしい、悪いことだとは思っていない。
    
というより、自分の行為をいちいち考えて行動なんてしていない。
   
だから、なんでそんなことを言われないといけないんだ。と逆に相手に腹立ちや不信感を持つ。
  
テレビのインタビューでスポーツ記者が 
「勝った瞬間何を考えていましたか?」 と質問しているが、何も考えているはずがないので、困っている。
  
一生懸命に何かをしているときは何も考えていない。
     
この考えていない間はスッキリしている。
   
寝ているときは想念が停止しているので最も良い状態だ。
   
人間関係、男女関係でおかしくなる原因は相手の考えを探ったり、聞き出すことだ。


「あなたは私のことをどう想っていますか?」
   
聞かれた方はどうなのかな?と考えてしまう。

そして意識し過ぎて関係が以前よりズムーズに行かなくなる。
       
人間は考えているようでほとんど感覚、感情で生きている。
  
だから、自分の考えすぎもよくないが相手に考えさせるのもよくない。




     



      




   

« 徹底すること | トップページ | 愛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7291867

この記事へのトラックバック一覧です: 何も考えていない:

« 徹底すること | トップページ | 愛 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ