« 自己の本体を知る | トップページ | もうやめた »

2007年7月 8日 (日)

古い魂(たましい)

  
年令が80歳であっても若い魂、5歳であっても古い魂があるらしい。
      
それは前世での年令、経験、生まれ変わりが多い少ないによる。
     
30億歳プラス80歳と300億歳と5歳ではこの世ではおじいさんと幼児であってもトータルでみれば雲泥(うんでい)の差となる。
    
今は特に地球が完成されていく時期なので古い、立派な魂が生まれているそうだ。
      
だから親だから、大人だからと子どもを上から、偉そうに見ていたらとんでもないことになる。
       
古い魂は潜在的に直感で正しいこと、おかしいことが判るので大人の誤魔化しやうそはすぐに見通す。
   
大人が子どもで子どもが大人なのだ。
      
子どもは大人のどこを観ているか?
       
それは心のなかで大人は何を考えて、何を想っているかだと思う。
              
正直に真っ直ぐに生きていないと子ども?は大人を冷ややかに厳しくみている。




                  




                                        



« 自己の本体を知る | トップページ | もうやめた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7072594

この記事へのトラックバック一覧です: 古い魂(たましい):

« 自己の本体を知る | トップページ | もうやめた »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ