« 楽な生き方 | トップページ | 古い魂(たましい) »

2007年7月 8日 (日)

自己の本体を知る

       
今、読んでいる本に本当にそうだなあーと思った一説があったので抜粋します。
          
人間は、物心がついて、いわゆる考えることが出来るような年令になったらば、一番最初に 「自分はどういうものなのか、人間というものはどういうものなのか、自分はどうしてここに生まれてきて、どのようにして生きてゆくのがよいか」 ということが心に浮かぶのが本当なのです。
ところが世の中では、死ぬまで自分自身が何んにもわからないで、自分自身のことを探求もしないで、ただ目の前の利害損得や、つまらない喜怒哀楽だけを追っている人がほとんどです。・・・・・



       我を極める 
五井昌久 白光出版




              

« 楽な生き方 | トップページ | 古い魂(たましい) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7072300

この記事へのトラックバック一覧です: 自己の本体を知る:

« 楽な生き方 | トップページ | 古い魂(たましい) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ