« 目の出血 | トップページ | 働くということ »

2007年7月18日 (水)

神との対話2

   
前回のつづきで神の言葉が青字、黒字が人間とします。
今回のテーマは人間関係についてです。


      
人間関係では、それぞれが他者について心をわずらわせるのではなく、ただただ自分について心をくだくべきだ。これは奇妙な教えに聞こえるかもしれない。あなたがたは、最も気高い人間関係では相手のことだけを考えるものだと聞かされてきたからだ。ところが、ほんとうはあなたがたが相手にばかり気持ちを向けることー相手にとらわれることーが、失敗の原因である。相手は何者か?相手は何をしているか?相手は何をもっているか?相手は何を言っているか?何を欲しているか?何を要求しているか?何を考えているか?期待しているか?計画しているか?<マスター>は、相手が何者で、何をし、何をもち、何を言い、何を欲し、何を要求しているかはどうでもいいことを知っている。相手が何を考え、期待し、計画しているかはどうでもいい。大事なのは、その関係のなかであなたが何者であるかだけである。最も愛情深い人間とは、最も自己中心的な人間だ。


それはまた、ずいぶん過激な教えですが・・・。

  
よくよく考えれば、過激ではない。自分を愛していなければ、相手を愛することはできない。多くの人たちは、相手への愛情を通じて自分への愛情を求めるという過ちを犯している。・・・つづく



最も愛情深い人間とは、最も自己中心的な人間だ。の箇所には正直驚きましたが、自分のことだけしか考えない勝手な人ということではなくまず自分を大切にする。
それが他人を大切にすることにつながると言う意味だと理解しました。
でも自己中の人が何を考えて行動しているのなんて理解出来ないですよね。
だから、相手のことはどうでもよい、理解する必要なんてないとマスター(神様)は言っているのだろうと私は思いました。




 神との対話 1.2.3 ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版






     

« 目の出血 | トップページ | 働くということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7186613

この記事へのトラックバック一覧です: 神との対話2:

« 目の出血 | トップページ | 働くということ »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ