« 愛 | トップページ | 言葉は誤解を招く »

2007年7月28日 (土)

愛と愛情

   
愛はチャリティーであり、見返りを求めない、期待しない、純粋な愛である。
   
一方、愛情は人に対するよりも自分の欲望を満たそうとする邪(よこしま)なものであり、愛とは全然違うものである。
      
だが人は愛と愛情を同じものと思っていたり愛情を愛と履き違えている。
    
純粋な愛は自分というものがない、自分が愛されたい、満たされたい、与えてもらいたいがない。
   
そして、愛したい、満たしてあげたい、与えてあげたいもない。
   
愛したい、満たしてあげたい、与えてあげたいは一瞬のうちに愛されたい、満たされたい、与えてもらいたいに変わる。
   
たいは願望であり、期待することだ。
   
愛は自然と行なうものであり、考えてすることではない。
 
      
愛は無限の深さがあるので言葉では現わせない、人は死んだ後もどこまでも愛を追及していく。




   







      

« 愛 | トップページ | 言葉は誤解を招く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7307285

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と愛情:

« 愛 | トップページ | 言葉は誤解を招く »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ