« 悟る | トップページ | 地球という星 »

2007年7月 4日 (水)

主役は自分

    
3次元でも4次元でも主役は自分だ。

人との関係で振り回されているときは必ず相手の人がいつもよりも大きくなっている。
  
自分の存在よりも大きくなっているときがある。
    
好きな人が出来たときは特にほとんどをその人が占める。
    
大きくなり過ぎて自分が見えなくなって、冷静になれなくなる。
  
家族や親子も心に占める割合が大きい。
  
大きいのでなんとかコントロールしようとして怒ったり、説得しようとする。
   
自分が主役なのに脇役の人たちを主役に立たせてしまう。
   
自分の舞台なのに自分が自由に演出できるのに逆にプロデュースされている。
     
脇役を大きくしてはならない。
    

そして好きな人であろうと嫌いな人であろうと縁の深い気になる人であろうとみんな同じ大きさにしないといけない。
      
あなたは空の高い所から地球を見ている。
      
豆粒のように小さく見えている人間はみな同じ大きさに見えるはずだ。
     
主役は自分、他の人に主役を譲ってはいけない。




        
   

« 悟る | トップページ | 地球という星 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/7028272

この記事へのトラックバック一覧です: 主役は自分:

« 悟る | トップページ | 地球という星 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ