« 留学 | トップページ | 沈黙は金 »

2007年6月19日 (火)

スターダスト

    
私たちの身体は常に新陳代謝を繰り返していて細胞は新しいものに入れ替わっている。

晴れた日にキラキラ光って見える細かいチリのようなものは人間の皮膚から剥がれ落ちた古い角質(皮膚のカス)なのだそうだ。

数は100億。

知らない間に古いものは消え去って新しいものがやって来ている。

そして新しいものもいつの間にか消え去っている。

宇宙は常に動き続けている。

出会いも新しい出会いの数だけ別れがある。

どれだけ良い細胞も意思(残って欲しい物も)に反して切り離されていく。

この場合の意思とは執着であったり情であったりする。

別れを悲しいこと、さびしいこと、つらいことと把(とら)われると本当にしんどい。
   
あなたに会えてよかった。お陰様で私はこんなに成長出来ました。又新しい出会いが来ました。ありがとう、さようなら。 であっさりと終えることが出来たらどんなにいいだろうと思う。


私達が今日、たった今経験していることも一瞬でキラキラと舞っているダストになる。
 
  
このダストはチリではなくて光輝いている星のような気がする。




                     


« 留学 | トップページ | 沈黙は金 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/6838241

この記事へのトラックバック一覧です: スターダスト:

« 留学 | トップページ | 沈黙は金 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ