« もう一つのブログ | トップページ | 常識 »

2007年6月16日 (土)

切り替えの早い人

    
世の中には切り替えの早い人がいて感心させられることがある。

今起きたことはもう過去のことであってどんどん忘れて行けばいいと判っていても、その余韻に浸ったり、ぐずぐず反省したりしてしまう。
    
でも、以前に比べたら見違えるように早くはなっている。
   
目が前に付いているのは前のことを一生懸命にしなさいということで、そうでないと未来は未だ来ずです。と教えてもらったことがある。

信じられないくらい切り替え?の早い人がいた。
   
オーラ写真を撮って分析をする人だが、その人は相手の人のエネルギーがわかる人で写真を撮らなくても判っている。

ただ相手の人を納得させる為にツールとして利用していた。

その人が最初に断る(報告)のは
、「今日お会いしたことはすぐに忘れてしまいます。
だから、明日どこかでお会いしたとして、挨拶して頂いても私は判らないかもしれません。
失礼があったら申し訳ないので最初にお断り(報告)させて頂きます」
 だった。

相手のことを判るためにはここまで自分をなくして、スッキリしなければならないのか?


不純物があれば相手の鏡(かがみ)にはなれない。

驚きを通り越して感動していたことを覚えている。





                           

« もう一つのブログ | トップページ | 常識 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/6802991

この記事へのトラックバック一覧です: 切り替えの早い人:

« もう一つのブログ | トップページ | 常識 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ