« よく思ってもらおうとしないこと | トップページ | 袖すり合うも他生の縁2 »

2007年5月22日 (火)

袖すり合うも他生の縁


街中でたくさんの人とすれ違ったなんの関係もないと思っている人でさえ、前世ではなんらかの関係があったという。

他生の縁は多少だとずっと思っていたが、他生とは前世のことらしい。

今までに何千回、なん万回も輪廻転生してきたのだから、出会うすべての人が縁のある人だと理解できる。

まして夫婦になったり、親子になったり、恋人、友達等はかなり深い関係だったそうだ。

深い関係は仲良しとはかぎらない。

特に夫婦は敵(かたき)同士が多いという。


出会った頃は、まさかそうだとは思わないで、お互いに惹かれる気持ちが恋や愛だと勘違いし、やがて一緒になるが結婚後は前世がそのまま現れてきて、けんかばかりをすることになる。

他人だと気にならないのに妻や夫だと腹が立つのはたぶん仇(かたき)同士だったからだろう。

でも、前世がわかったところで、敵同士だったことを知ったところでなんの解決にもならない。


夫婦になるのは前世の因縁しょうを越えて成長し合う修行の場だそうだ。

そこから、我慢や辛抱、許しを学ぶ。

一番難しい家庭がうまくいっていれば、どこででもやって行けるといわれている。

だが、因縁しょうがあまりにも強くて殺傷事件まで行きそうな場合は離婚した方が良いそうだ。

本人の努力ではどうしようもないのだろう。


確かに縁の薄い、濃い、浅い、深い人がいる。


あなたの気になる人は前世でどういう関係だったか、推理(相手を理解する意味で)してみるのも面白いかもしれない。

ただし、深く入り込まないように、ほどほどに・・・
















« よく思ってもらおうとしないこと | トップページ | 袖すり合うも他生の縁2 »

コメント

そうですね。前世、主人とどんな関係だったか知ったところで、現世では役に立たないですものね。結婚する前だったら別かもしれませんが…。
20年後、それとなくわかる日が来ることを、楽しみ(?)に待つことにします。


知る方法はあるけど知らない方がいいみたいですよ。

私は結婚してもう20年になりますが、多分・・・だったんだろうなあーと自然とわかってきました。

ぴろろさんもずっと先にわかるかも知れませんね。

それでいいと思います。

現世で縁のある人は、前世でも会っていた人だと聞いたことがあります。親は前世でも親だった可能性が高いとか。現世で嫌いだと思う人は、前世で自分を殺した相手だったり、苦しめた相手だったりするそうです。そんな関係になっているだなんて、宇宙を感じますね。
主人とは前世、どんな関係だったのか、ちょっぴり知りたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/6507272

この記事へのトラックバック一覧です: 袖すり合うも他生の縁:

« よく思ってもらおうとしないこと | トップページ | 袖すり合うも他生の縁2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ