« 同窓会 | トップページ | うれしかったこと »

2007年5月29日 (火)

百聴は一見にしかず


耳でどれだけたくさんの話を聴いても、一度の経験には及ばない。
という意味だが耳年増(みみどしま)の言葉巧みな話術は、最初は人を惹きつけるが心まで動かすことは出来ない。

それは表面的なことだけなので奥まで入っていかないからなのだろう。

だが経験したことは自分の心が納得したことなので相手に伝わっていく。


 かわいい子には旅をさせろ は多少の危険は伴なっても経験することの大切さを云っている。

今は、旅(経験)をさせない親が増えている という。

旅先で何かあったらどうしよう、大丈夫だろうか?と心配でしかたない。

旅をさせないのは、子供がかわいいのではなくて自分がかわいいからだ。

子供を保護して守ってやるのが親の役目ではない。

子供が自立できるように突き放すのが本当の役割だ。







« 同窓会 | トップページ | うれしかったこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/6594508

この記事へのトラックバック一覧です: 百聴は一見にしかず:

« 同窓会 | トップページ | うれしかったこと »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ