« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | 涙がでるとき »

2007年5月22日 (火)

袖すり合うも他生の縁2


この理屈からいうと今あなたが誰かにひどいことを言われているとすると、それは前世において自分のした行為が返ってきていることによる。

あなたが過去においてしたひどい行為は相手の人の心が覚えていていつか仕返しをしようと待っている。

その時、向こうから見ず知らず(この世では初対面)のあなたが歩いてきて肩がぶつかった、その人は急に腹が立ってきて 
 
「どこ見てんだ、気をつけろ」 と口走る。

なんでそんなことを云われないといけないんだと思ったあなたはその言葉にカッとなって喧嘩が始まる。

今、テレビで放送されて新聞に載っている事件、事故、はこうして起こっている。

前世を含めて(グローバル、総合的)みるとどっちが悪いなんてないことがわかる。

だから、なんでも深く考えずに、サラッと許せて、あっさりした性格の人は得だなあと思う。






« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | 涙がでるとき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/6508674

この記事へのトラックバック一覧です: 袖すり合うも他生の縁2:

« 袖すり合うも他生の縁 | トップページ | 涙がでるとき »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ