« 空気を読む | トップページ | 直感と小さな感情 »

2007年3月 9日 (金)

幼子のようになりなさい


子ども、それも幼稚園に上がる前くらいの幼子(おさなご)は何も考えていない。

何も考えていないから無邪気でかわいい。

一日の計画を立てて、きょうは○○ちゃんと遊んで、その後はママとお買い物に行くとか頭のスミにも思い浮かばない。

その場、その場で判断して、その判断が間違っていたなんて振り返ることも勿論しない。

命(いのち)そのままに生きている。

だから苦しむことがない、悩むこともない。

毎日がただ楽しくて、笑ったり、泣いたりして過ごしている。


私たちが過去を振り返って、「あの頃はよかったなあ」 と想い出すのは何も考えていなかった日々のことではないだろうか?

それならば、何も考えなければいいのか?

何も思わなければ、幼子のようになれば幸せになれるのか?

そんな簡単なことなのか?


キリストは 「幼子のようになりなさい」 と云われた。

お釈迦様は 「空になれ」 と云われた。

老子は 「無為になせ」 とおっしゃた。


賢者、聖者は皆、同じことを云っている。

またお釈迦様は「空になった時からすべてが始まる」と云われた。

それまでは迷いの世界だそうだ。



本当にすごい人は幼子のようになにもないクリスタルな人だ。





« 空気を読む | トップページ | 直感と小さな感情 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5624331

この記事へのトラックバック一覧です: 幼子のようになりなさい:

« 空気を読む | トップページ | 直感と小さな感情 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ