« デトック | トップページ | 復活しました。 »

2007年3月14日 (水)

頑張ると一生懸命


頑張るとは、我を張るという意味で力みがある。

力むと身体が硬くなって本来の力が発揮出来ない。(エネルギーが固まる)

金メダル確実と云われていた選手がプレッシャーに負けるのは力んでいるためだ。

力んでいる時は自分で何とかしようとしているので肉体の力しか働かない。

一方、一生懸命とは、自分の命を懸ける、預けるという意味で、自分が無くなって、力みが取れて、目に観えないエネルギーが働く。

肉体の力は有限で、宇宙のエネルギーは無限だ。



目に見えているものは突き詰めていくと分子や原子の集まりだ。

目に見えるものは観えないものの影である。

見えるもの(現象)の結果を出そうと思ったら頑張らず、結果や余計なことを考えないで一生懸命にやるしかない。(仏教では空という)

一生懸命にしていたら、目に観えない力が働いて全てが整ってくる。

昔の人?は目に観えない力のことを神、仏といった。


肉体人間の力では奇跡をおこせない。









« デトック | トップページ | 復活しました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5689727

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張ると一生懸命:

« デトック | トップページ | 復活しました。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ