« 決断 | トップページ | ライオンと羊2 »

2007年3月22日 (木)

ライオンと羊


聖書にはライオンと羊(ひつじ)がたわむれている姿が本当の世界だと書いてあるらしい。

本当の世界とは天国でもあり、進化した星でもあり、未来の地球でもある。

食欲、支配欲、性欲、独占欲、金銭欲、あらゆる欲が無くなったら、今まで敵とか、欲を満たす対象としてきたものが全て自分の一部(自分自身)だと気づき、愛すべきものへと変わっていく。

ライオンの食欲が無くなれば、羊が横を通っても見向きもしない。

人間も金銭欲が無くなったら、札束が落ちていても拾おうともしないだろう。

ただ、たくさんの人は欲を満たすことを目的に生きている。

ある日突然、あらゆる欲が剥ぎ取られたら、目的を失って茫然とする人たちがさ迷うそうだ。

欲が無くなったら、こころが自由になって、ライオンや羊のようにどんな人とも仲良くなれる。

本当は素晴らしいことなのに欲を捨てきれない人たちはそうは思わない。

天国が天国でなくなる。


すべての苦しみは欲と執着からきているのに・・・








« 決断 | トップページ | ライオンと羊2 »

コメント


コメントありがとうござます。
6年も前に書いたブログを読んでくださっていることに驚いています。
そして書いた内容を読んで
「こんなこと書いていたのかな?」と不思議な心境になっております。
欲をまったく無くすことは難しい、でも努力によって少なくすることは出来る。
人間が今、心がけなければいけないことの一つなのかもしれませんね。

とても参考になりました。ありがとうございました。(o^-^o)

他の記事も読ませていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5773137

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンと羊:

« 決断 | トップページ | ライオンと羊2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ