« 白髪が減った | トップページ | 好転反応 »

2007年3月30日 (金)

許すということ


例えば相手の人があることで怒っていてまだ許してくれないとする。

内容にもよるが、許してもらうことにあまりこだわる必要はないと思う。

ある男の人が年上の子連れの女性と一緒になった。

親はなんでまたそんな人と一緒にならないといけないのか?
と腹が立って2人の結婚を認めていない。

「絶対に許さない」 と云っているらしい。

自分達が納得しているのだったら、親が反対しようが、誰が反対しようがよいのではないか?

人は他人の考えや思っていることにこだわり過ぎている、気にし過ぎている。

許す、許さないは親の個人的な考えであって、その考え方を自分の都合のいいように変えさせるのは無理がある。

だから人が許してくれなくてもまず、自分を許す、自分を大切にしてあげることが大切だ。

人間は年齢は大人でも自分の感情をコントロール出来ない未熟な生き物である。

立場が上であっても目上の人であって気にすることはない。


そんなことにエネルギーを使うのは浪費である。

人としてもっとやるべきことがある。

それは自分の天命をまっとうすることだ。

人は天命を果たさなければ幸せにはなれない。










« 白髪が減った | トップページ | 好転反応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5905934

この記事へのトラックバック一覧です: 許すということ:

« 白髪が減った | トップページ | 好転反応 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ