« 直感と小さな感情 | トップページ | 神秘的であること »

2007年3月10日 (土)

わかってもらおうとしないこと


最近不思議な現象が起こっている。

それは私があることをしている、伝えようとしている、わかってもらおうとしていることがあって、それに対して相手が理解してくれない、受け入れてくれない、ついには誤解されたとする。

以前の私だったら相手の人を懸命に説得、または議論していた。

でも今は 「そうか、しょうがないなあー」 と諦めて忘れていると相手の人が歩み寄ってくれて知らない間にうまくいっていることがある。

相手の反応に合わす(振り回される)のでなく、マイペースで淡々としていれば正しいと信じている方向へ行っている。


そう確信できることが私の周りで起こっている。

かなり前のブログで 
「わかってもらおうとしないこと」 を書いたことがある。

その時はほんとうに諦められたわけではなかった。

心の隅では少し期待していたりして100%諦めていなかった。

あっさり諦めて、何の期待もしていないところに良い知らせがあると本当にうれしい。

言葉は変だが儲かった気がする。

相手に頼る、すがる、わかってもらうことを止めたとき、初めて思ったとおりにいく。

皮肉だけどこれが真実なのかもしれない。








« 直感と小さな感情 | トップページ | 神秘的であること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5636694

この記事へのトラックバック一覧です: わかってもらおうとしないこと:

« 直感と小さな感情 | トップページ | 神秘的であること »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ