« 客観的になること | トップページ | 犬と狼 »

2007年3月25日 (日)

神と愛


人は誰でも土壇場でどうしようもない状況に立たされたら、
「神様助けて下さい」 と祈る。

神様を信じないどんな人も肉体人間の限界がわかっている。

このことは最後は神様しかない、神様はオールマイティ(完全)だ。

ということを潜在意識では識っていることを意味している。

そして神様とは愛(チャリティ)であることも識っている。

人間は欲望や嫉妬、名誉など余計なものを剥ぎ取っていくと 
 
愛 そのものとなる。

又、剥ぎ取っていくと自分と相手の垣根が無くなって同一であることに気づく。

合い(あい)は愛と同意語である。


あいうえお 
は世界各国の共通言語(原語)だそうだ。

あいうえお を発音しない言葉は存在しない。


神様を呼ぶとき愛を呼んでいる。

愛を叫ぶとき神様を叫んでいる。


かー
 みー の語尾はあいである。








« 客観的になること | トップページ | 犬と狼 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5813504

この記事へのトラックバック一覧です: 神と愛:

« 客観的になること | トップページ | 犬と狼 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ