« 桃太郎 | トップページ | 怒られるということ »

2007年3月 4日 (日)

計画は立てなくてよい


よく 「計画性がない」 「計画通りに行かない」 というがそれでいいと思う。

桃太郎は山で動物と相撲を取っていたときから鬼退治の計画を立てていたか?

鬼退治のけらいはどうしようか?と考えていたか?

答えはNOだ。

目標を決めるここと計画を立てることは違う。

目標が決まればそれに向かって日々やるべき事がわかってくる。

やるべき事をしていれば次にすることが自ずとわかってくる。

その積み重ねをしていけば、一生懸命していれば次の舞台が用意されている。

だから、こうすればこうなってこうなったらこうするとかごちゃごちゃ頭で考えて計画を立てる必要はない。

先へ先へと予定を入れてスケジュールをいっぱいにするのは直感で動くことの妨げ(さまたげ)になる。

チャンスは計画通りにくるのではなく、突然やってくる。(準備が整えば)


『計画を立ててその通りしなければ成就しない』 は違うと思う。

桃太郎の目標は人の役に立ちたい、喜んでもらいたい、世の中が平和になること だった。














« 桃太郎 | トップページ | 怒られるということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5566595

この記事へのトラックバック一覧です: 計画は立てなくてよい:

« 桃太郎 | トップページ | 怒られるということ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ