« すり抜ける | トップページ | 考えすぎはやめましょう。 »

2007年2月 3日 (土)

天候


天候は人の心の状態を表す。
人が怒り狂っていれば、雷、嵐になり、穏やかであれば強い風も収まって、しのぎやすくなる。
そして、心のバランスが崩れると、波動調整のために地震が起こることでバランスを修正する。

台風も波動調整であり、強い風や雨で地球を浄化している。
だから、台風が去った後は、なんともすがすがしくなる。

なぜこうなるかというと、地球は人であり、人は地球そのものだからだ。
人の状態(こころ)は地球の天候にそのまま表れる。

地球の70%は水でできている、人も同じだ。
地球上の河川の長さは人の血管の長さとほぼ同じだという。

人の肉体は地球と同じにできている。
地球を汚したり、痛みつけることは自分の肉体をも傷つけているのだ。


今、地球も肉体も悲鳴をあげている。


進化した星には春と秋しかないそうだ。
地球も夏と冬がなくなって穏やかな日々を送ることになる。


それは人が目覚めて(反省して)、心が落ち着いていくことを意味する。

« すり抜ける | トップページ | 考えすぎはやめましょう。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5191215

この記事へのトラックバック一覧です: 天候:

« すり抜ける | トップページ | 考えすぎはやめましょう。 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ