« 天候 | トップページ | ふるさとへ帰る »

2007年2月 5日 (月)

考えすぎはやめましょう。


「この人は頭で考えすぎている」

そのままでいいのになあ、そのままがいいのになあーという人がいる。

潜在的に素晴らしいものを持っているのに、人のいうことに左右されたり、人に意見を求め過ぎたりしている人がいる。

逆に人の話を聴かない人もいて、バランスというか、自分の調和をとることはなかなか難しいと思う。

私はわからないことがあった時はなるべく人にアドバイスを求めずに自分の中から答えが出てくるまで待つようにしている。

ただ待っているだけではなくて、以外な方法かも知れないが、その問題から意識を外して、ストレッチや精神を統一させてスッキリするようにしている。

するとある瞬間にインスピレーションで気づかせてもらえたりする。

以前はこれの全く逆をしていて、問題に意識を集中させて、熟考することが正しいと思っていた。
思いは流して行かなければ問題は解決の方向に動いて行かない、考えを集中させるのは川の流れに大きな石(意思)を置いてせき止めることになる。

「よく考えなさい」 「もっと頭を使え」 はある意味正しいが実は違うことがわかる。

何事も中庸(ちゅうよう)が大切で、考え過ぎはよくない。

気功でバランスを取る方法教えてくれている。

とらわれず、かたよらず、怒らず、いどまず、逆らわず、喋りすぎず、食べすぎず、考えすぎず、責めず、焦らず、卑下せず

« 天候 | トップページ | ふるさとへ帰る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5221865

この記事へのトラックバック一覧です: 考えすぎはやめましょう。:

« 天候 | トップページ | ふるさとへ帰る »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ