« テレパシー | トップページ | 幸せとは・・・ »

2007年2月 1日 (木)

未来の生活


時々、妻の実家から畑で採れた野菜が送られてくる。
実家は奈良県の東吉野村で、周りを山で囲まれた、のどかな、ほんと田舎という文字が当てはまる所だ。

家の前に畑があって、季節に合った野菜を育てている。
もちろん、無農薬で自然の中で育てるので身体にも良いし、美味しい。
特に私は夏のキュウリが好きで、みずみずしいキュウリはぬかずけで食べると抜群においしい。

田舎にいていつも思うことはお米さえあれば自給自足できるな・・・だ。
家はただみたいなものだし水は地下水、銘木業を営んでいるので、火は熾(おこ)せる。
お金がなくても何日でも過ごせる。

両親と妻の兄の3人暮らしなので、作っている野菜は余るくらいだ。
お金が必要ならば売りに行くことも出来る。(お米と交換してもいい)

昔、食べていく意味は自給自足を言っていた。
都会の食べていくは 
お金を稼ぐ になる。

だったら、仕事が無くなれば、途端に食べていけなくなる。


進化した星では食べ物を育てることを大事にしているらしい。
そこに住んでいる人は水栽培の農園で働いている。 
食べるものは野菜、穀物、フルーツ、ナッツだけで、肉食は禁止されている。
肉は死んだ食糧、生命力を持たない食べ物だそうだ。

なにか田舎のほうが地に足が着いたまともな生活をしているように思えてくる。
進化した星や田舎での生活は人間の原点なのかもしれない。



« テレパシー | トップページ | 幸せとは・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5163106

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の生活:

« テレパシー | トップページ | 幸せとは・・・ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ